タイ語を使う日本人が増えているように感じます。仕事で会うお客さんは流暢なタイ語を話し、SNSでは上手なタイ語を発信する人がいて、外務省の統計を見ると、タイに住む日本人の数は2018年で75,647人。僕が移ってきた2011年の49,983人と比べても約25,000人増えている。※ 日本人の数が増えれば、タイに住むならタイ語を使えた方がいい、と考える人は増えるだろうから、その数は実際に増えているのだろうし、すごく良いことだと思っています。
※参考:外務省 海外在留邦人数調査統計統計表一覧

本記事ではこれからも増えてくるだろうタイ語を使う人に向けて、Googleが提供するフォントサービスの中から全26種類のタイ語フォントを紹介します。

全26のタイ語フォントをタイプ別に分類

2010年からサービスを開始したGoogle Fonts。その6年後からタイ語が扱われ、現在26のフォントがあります。全てを無料でダウンロードできて、WEBフォント(閲覧者がフォントを持っていなくても、発信者の指定した通りに表示する仕組み)としても利用ができます。さらに商用利用も含めて著作権がフリーとなっているのですから、本当にありがたく、助かっています。

タイ文字は、その特徴のひとつであるクルクルのあるフォントクルクルのないフォントに分けられるので、ここでも2つのグループに分けて見ていきます。タイ文字のクルクルについては別の記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

それでは見ていきます。
並んでいるフォントは全て、サイズは20px、ウエイト(幅)がRegularとBold(BoldのないものはRegularのみ)、スタイルはNormalです。

クルクルがあるフォント 19/26個

Bai Jamjuree – ใบจามจุรี

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลExtra light – Light – Regular – Medium – Semi bold – Bold / Italic

Chakra Petch – จักรเพชร

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลLight – Regular – Medium – Semi bold – Bold / Italic

Charm – จาม

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลRegular – Bold

Charmonman -จามรมาน

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลRegular – Bold

Fahkwang – ฟ้ากว้าง

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลExtra light – Light – Regular – Medium – Semi bold – Bold / Italic

Itim – ไอติม

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลRegular

K2D – เคทูดี

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลThin – Extra light – Light – Regular – Medium – Semi bold – Bold – Extra bold / Italic

Kodchasan – คชสาร

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลExtra light – Light – Regular – Medium – Semi bold – Bold / Italic

KoHo – กอฮอ

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลExtra light – Light – Regular – Medium – Semi bold – Bold / Italic

Krub – ครับ

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลExtra light – Light – Regular – Medium – Semi bold – Bold / Italic

Maitree – ไมตรี

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลExtra light – Light – Regular – Medium – Semi bold – Bold

Mali – มะลิ

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลExtra light – Light – Regular – Medium – Semi bold – Bold / Italic

Niramit – นิรมิต

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลExtra light – Light – Regular – Medium – Semi bold – Bold / Italic

Pridi – ปรีดี

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลExtra light – Light – Regular – Medium – Semi bold – Bold

Sarabun – สารบรรณ

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลThin – Extra light – Light – Regular – Medium – Semi bold – Bold – Extra bold / Italic

Srisakdi – ศรีศักดิ์

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลRegular – Bold

Taviraj – ทวิราช

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลThin – Extra light – Light – Regular – Medium – Semi bold – Bold – Extra bold – Black / Italic

Thasadith – ธสถิต

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลRegular – Bold / Italic

Trirong – ไตรรงค์

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลThin – Extra light – Light – Regular – Medium – Semi bold – Bold – Extra bold – Black / Italic

クルクルがないフォント 7/26個

Athiti – อทิติ

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลExtra light – Light – Regular – Medium – Semi bold – Bold

Chonburi – ชลบุรี

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลRegular

Kanit – คณิต

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลThin – Extra light – Light – Regular – Medium – Semi bold – Bold – Extra bold – Black / Italic

Mitr – มิตร

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลExtra light – Light – Regular – Medium – Semi bold – Bold

Pattaya – พัทยา

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลRegular

Prompt – พร้อม

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลการใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลThin – Extra light – Light – Regular – Medium – Semi bold – Bold – Extra bold – Black / Italic

Sriracha – ศรีราชา

การใช้ฟอนต์ไทยกูเกิ้ลRegular

Cadson DemakとSuppakit Chalermlarp氏

26個のフォントのうち25個はCadson Demak(คัดสรร ดีมาก)社によって作られたもの。※ Cadson Demakは東南アジア市場でブランディングからタイプフェイスまでを行っている企業で、WEBサイトを見ると日本語の自社ロゴマークがあって嬉しくなります。
残りの1個はSuppakit Chalermlarp氏によるものです。氏の手掛けた Sarabun(สารบรรณ)は、「公文書」の意味でタイ版Wikipediaのロゴにも採用されています。そのロゴデザインをしたのは、タイ語のフォントを配布しているウェブサイトf0nt.comのグラフィックデザイナーだそうです。

タイ版Wikipediaのロゴマーク
タイ版Wikipediaのロゴマーク

Google Fonts上ではローマ字表記しかないフォント名ですが、ちゃんとタイ語名もあって、それを見るとローマ字だけの時よりもそのフォントの雰囲気がつかみやすくなります。ไอติม(アイスクリーム)、มิตร(友達)、พร้อม(準備ができた)、ครับ(クラップ)、มะลิ(ジャスミン)、คณิต(計算)、ชลบุรี(チョンブリー)、ศรีราชา(シーラーチャー)、พัทยา(パタヤ)など。クルクルのない書体ではチョンブリー、シーラーチャー、パタヤと日本人にも馴染みの深い地名が見られますね。

※Pattayaフォントは、Pablo Impallari氏のつくった人気のWEBフォント「Lobster」をベースにCadson Demakがタイ語版をつくったもので、制作者はMultiple Designersとなっています。

Cadson DemakのAbout Usページより。おそらく社内の様子。
Cadson DemakのAbout Usページより。おそらく社内の様子。

まとめ

ほとんどのフォントでは、Extra light – Light – Regular – Medium – Semi bold – Bold と贅沢にウエイトが用意されています。プロジェクトの中で1種類のフォントを選び、見出しには太字、本文には標準と使い分けができるので、使い勝手が良いです。

Regularのみのウエイトを持つフォントは、本文のように文字数が多い場面での使用は避けて、ブログや動画のサムネイルに使うと目を引くでしょう。

Google Fontsのタイ語フォントを使いこなして、タイ語の制作に勤しみましょう。もちろん、Cadson Demakへの感謝を忘れずに。

タイ語の制作は、タイ語の制作に強い私たちご相談ください。

私たちはタイ語の制作を得意とするWEB制作会社です。制作はタイ語からスタートすることも可能ですし、まずは日本人担当者と日本語での制作を進めてから、タイ語に翻訳をするやり方、どちらでも可能です。実制作だけでなく御社タイ人スタッフとの打ち合わせやメール/LINEなどでのやりとりもお任せください。日本人のスタッフには他の業務にあたっていただくなど、リソースの有効活用と円滑な進行で作業を行います。タイ語の制作を考えているが、タイ語での制作経験がなかったり、言葉の問題が心配な担当者様、どうぞ、お気軽にご相談ください。